22. 体育大会 - 序章 -

http://toshi.my.land.to/twostudents/?22
* トップ ページ - Two Students :: 22. 体育大会 - 序章 -

―― 二人は学校にいた、すごく朝早く。
―― 前日は遅くまで話し、当日も早くから話し、一体何を話しているのか。
「秘密」
「秘密」
―― そんな、ふたりして言わなくても。
「はいはい、騎馬戦にどうやったら勝てるか話してましたぁ」
―― あきれたみてぇな口調で言うな!
「ホントはそんなこと話さなくても、勝つことは決まってんだけど」
―― そりゃまたおっきく出たな。
「決まってんのよ。紀元前何千年も前から」
―― 騎馬戦すら存在してねぇだろ!!

―― 準備も滞りなく進んで、入場行進に至り、開会式がもう少しというとき。
「俺司会だから行くわ」
「ああ。......ってえぇ!?」
「失礼な、俺には司会が務まらないとでも?」
「いやそうじゃなくて!
 お前司会だったの?ってこと!」
「失礼な、俺がやらなきゃ誰がやる?」
「ぅ、まぁ、そこまで言えるなら大丈夫だろ」
「失礼な、『大丈夫だろ』って何がそんなに心配なの?」
「ああ、撤回する。
 だけどお前も意味取り違えすぎ!!!」

―― 何やら意味ありげな開会式が始まる。
「1. 開会宣言、教頭先生、お願い申し上げるのでございます」
(なんで「1.」とか言ってんだよ!プログラムそのまんま読んでんのか!
 しかもお願いが異常に丁寧だし!!)

教頭「さ、今年も体育大会の季節となりましたね。
   毎年私、あなたたち生徒のみなさんに、いや選ばっ、選ばれし勇者たちに、
   ある意味不気味なほど期待しているところです。楽しみですね。
   今年も、昨年のように熱い大熱戦、激しい大激戦を我々に見せてください。
   え、では、これより第 1024 回体育大会を始めます。皆さん頑張りましょう!!」
(長げぇぇぇぇぇ!
 無駄にカッコいいこと言おうとして肝心なところで噛んでる!!
 あんたの言葉が不気味!!!
 「馬から落馬」みたいな言い方してる!!!!
 うちの学校そんなに体育大会やってたんか!!!!!)

―― ツッコむのも疲れるぐらいだなオイ。

「2. 国旗・校旗掲揚。じゃみんな、旗の方見てて」
(失礼すぎるっっ!!!)

旗あげる人「うりゃああぁ!!あがれ!!あがらんか早く!!ほら早く!!」
―― あげるひとが引っぱりまくって、勢いよく旗があがってゆく。ていうか、勢いよすぎじゃ...。

旗あげる人「おりゃぁぁぁぁあ!!!」
ブチッ!!!

―― ブチッ!!?

ぱさ。

―― ぱさ...。
―― これは、つまり旗につながってるひもが切れて、
―― 旗をあげる人の目の前に旗が落ちたという事実を示している?

(こんな展開アリなん!?無理あるだろ!!)

「......。
 えー、今、旗をあげていた彼。
 彼は様々なパフォーマンスでいつも私たちをひきつけてくれます。今のもそれなんです。
 この彼が人以外のものをひきつけた......何ということでしょう。
 私たちは今、彼の奇跡の目撃者となったのです。はい、拍手」

(「何なのコレ」みたいな拍手喝采がしばらく続く)

「ありがとうございました。それでは旗も私たちもひきつけてくれた彼に敬意を表して、
 3. 校長先生のお話」

(これはフォローになっているのかァァァ!!!)

―― この後別に変わったことも無く開会式が終了してしまう。

「疲れた」
「疲れた」

〜執筆後記〜
ボケるのが後手後手に回るというか、ネガティブな進行になりました。
頭が働いてなさそうなので何とかしたいですね。

<< 前へ 次へ >>

ページの先頭へ戻る
Two Students へ戻る
トップ ページへ戻る

* トップ ページ - Two Students :: 22. 体育大会 - 序章 -
http://toshi.my.land.to/twostudents/?22
(C) 2005 - 2010 Toshi, All Rights Reserved.