31. 合唱発表会 - 本番 -

http://toshi.my.land.to/twostudents/?31
* トップ ページ - Two Students :: 31. 合唱発表会 - 本番 -

―― あっという間に本番がやって来た。
「早くないですか?」
―― 諸事情、諸事情。

―― 学校からはある程度離れた、ホールで発表会は行われる。

看板担当「自分らで作った看板なんだから、自分らで掲げてほしい」
「手伝ってください」
看板担当「同じセリフは言わせないでほしい」
「手伝ってください」
看板担当「同じセリフを言われても...」
「手伝ってくださいよ」
看板担当「一文字だけ変えても意味ないから」
「是非とも手伝って頂きたい」
看板担当「いや、たくさん変えても意味ないんだけど」
「分かりました、数分後また来ます」
看板担当「諦める気無さそうだな!」

看板担当「いいか、この壁んとこに貼っ付ける」
「何使うんです?」
看板担当「ボンドだ。速乾性のな」
「壁にそれ使うのやめてください!!」

看板担当「とりあえずテープでいいだろ」
「先生」
看板担当「こういうときはテープが最も適してるもんだ」
「先生」
看板担当「はがすのも簡単だしな、つくづくテープって便利すぎる」
「先生」
看板担当「何、そんなに呼ばないで」
「いや、あの、テープと呼べるものが全くありません」

看板担当「しゃーないな、他なんかない?」
「天井に吊れませんかね?」
看板担当「じゃそれに決定」
「......すみません、吊れるような道具もありませんでした」

看板担当「じゃどーするコレ」
「あと 30 分ぐらいしたら、人どんどん来ますよ」
看板担当「『これがスローガンだぜ』、ってゆーふーに出来る掲げ方ないかねぇ」
「壁には貼れない、天井には吊れない」
看板担当「天井に貼るのは?」
「いちいち首上げてもらわないといけないんですか」
看板担当「壁に吊るのは?」
「『吊る』の意味分かってます?」
看板担当「いっそ何もしないのは?」
「今までの苦労が玉砕じゃないですか!」
看板担当「机並べて、その上に置く」
「...見てもらえるならそれでいいでしょう」
看板担当「机が無いなんてことは無いよな?」
「無いです(机が)」

―― 合唱発表会自体は大成功で、二人も看板制作者として人々の記憶に残った。

「しかしさぁ、看板を床に置くってのはどーなのよ実際」
「それ以外に手段が無かったんだから。。。作ってたときも床に置いてたっしょ?」
「なるほど」

〜執筆後記〜
久しぶりの執筆です。
合唱発表会編は終了です。次はまたどうなるか分かりません。
これから多忙な日々になるかもしれない為、ペースはほどほどに。

<< 前へ 次へ >>

ページの先頭へ戻る
Two Students へ戻る
トップ ページへ戻る

* トップ ページ - Two Students :: 31. 合唱発表会 - 本番 -
http://toshi.my.land.to/twostudents/?31
(C) 2005 - 2010 Toshi, All Rights Reserved.