CDoubleBufferWindowImpl

http://toshi.my.land.to/wtl/reference/?CDoubleBufferWindowImpl
* トップ ページ - WTL - リファレンス - CDoubleBufferWindowImpl :: 説明 / 解説 / 参照 / 情報

説明

ダブルバッファリングによる描画をサポートしたウィンドウを実装するクラスです。

解説

独自のウィンドウを実装するクラスを作成する際に描画をダブルバッファリングしたい場合、ATL::CWindowImpl クラスを継承する代わりにこのクラスを継承し、このクラスに必要なメッセージを処理させるために、CHAIN_MSG_MAP マクロによってこのクラスのメッセージ マップをチェインします。
実際には、このクラスが継承している CDoubleBufferImpl クラスがメッセージを処理します。
処理されるメッセージは以下の通りです。

WM_ERASEBKGND / WM_PAINT / WM_PRINTCLIENT

テンプレート引数 TBase は、既定では ATL::CWindow です。TWinTraits は、ATL::CControlWinTraits です。
これらは、ウィンドウの基本的な振る舞い、およびウィンドウの特徴(スタイル)を定義するものです。
通常これらを変更する必要はありません。

参照

CDoubleBufferImpl

情報

タイプ : テンプレート
継承クラス : ATL::CWindowImpl< T, TBase, TWinTraits >, CDoubleBufferImpl< T >
ヘッダ : atlframe.h


Last Modified : 2010/03/13 (Sat.) 23:05:55

Librarian Version 0.3.1.5
By Toshi

ページの先頭へ戻る
リファレンスへ戻る
WTL へ戻る
トップ ページへ戻る

* トップ ページ - WTL - リファレンス - CDoubleBufferWindowImpl :: 説明 / 解説 / 参照 / 情報
http://toshi.my.land.to/wtl/reference/?CDoubleBufferWindowImpl
(C) 2005 - 2010 Toshi, All Rights Reserved.